開業資金調達から税務、医療法人設立、増患対策まで、医院・歯科医院開業・経営のお手伝いは湯沢会計事務所にお任せください
東京・埼玉・神奈川・千葉のお客様多数 

湯沢会計事務所

YUZAWA Accounting Office

湯沢会計事務所

医療機関経営Q&A

Q 医療機器を購入する場合借り入れとリースのどちらを選択すればよいですか?

レントゲンのように長く使う物、滅菌器のように安価なものは借入による購入で、超音波診断装置や、レセプトコンピューターのように技術の進歩が早く定期的に買い換えていくものはリースが良いとされています。
また、担保がない場合には医療機器はリースにならざるをえません。

リース料の計算の仕方

物件価額×リース料率=月に支払うリース料
   5年 1.8%
   6年 1.6%
   7年 1.4%

リースのメリット

  • 少ない資金で高額の設備機器の導入が可能であり、資金の固定化がはかれます
  • リース期間を法定耐用年数にあわせれば、税法上減価償却と同じ効果となります
  • より早く機器の陳腐化に対応することができます
  • 減価償却、保険加入、償却資産税の支払いなどの事務処理が簡素化されます

リースのデメリット

  • 月々のリース料の支払が固定費を押し上げます
  • 購入と比較した場合に、手数料・金利が下がっても、リース料は一定です
  • 所有欲が満たされません