開業資金調達から税務、医療法人設立、増患対策まで、医院・歯科医院開業・経営のお手伝いは湯沢会計事務所にお任せください
東京・埼玉・神奈川・千葉のお客様多数 

湯沢会計事務所

YUZAWA Accounting Office

湯沢会計事務所

医療機関経営Q&A

Q お金を借りる場合、元金均等と元利均等どちらを選べばよいですか?

  元金均等 元利均等
返済方法 元金の返済額が毎月同じ 毎月の元金+利息の金額が同じ
返済額 始め多くだんだん少なくなる 始めから最後までかわらない
金利総額 元利均等より安い 元金均等より高い
返済総額 元利均等より少ない 元金均等より多い
資金繰り はじめは大変 はじめの返済が元金均等より楽、後から逆転
結論としては、資金に余裕があるか、開業場所がよく、始めから沢山の患者が見込める 場合は元金均等を選択し、それ以外の場合は元利均等を選択すべきです。

元金均等と元利均等の比較

国民生活公庫で、3,000万円を金利1.85%で15年返済で借りた場合の元金均等と元利 均等の1年間の返済額
●元金均等  
元金 166,666円× 12ヶ月=1,999,992円
利息                  503,412円       
合計                  2,503,404円
●元利均等
190,987× 12ヶ月=2,291,844円
●差額
初年度211,560円(8.4%)元利均等の方が、返済額が少ない。