開業資金調達から税務、医療法人設立、増患対策まで、医院・歯科医院開業・経営のお手伝いは湯沢会計事務所にお任せください
東京・埼玉・神奈川・千葉のお客様多数 

湯沢会計事務所

YUZAWA Accounting Office

湯沢会計事務所

財産形成・継承についての質問例

Q 土地、建物を売却したときの税金はどのようになりますか?

個人が土地建物を売却した時には、その譲渡した年の1月1日において所有期間が5年を超えているかどうかで税務上の扱いが違ってきます。
5年以下であれば、売却益に対し高い税率で課税し、5年超であれば安い税率で課税するということになっています。
これは、5年を基準にしてそれ以下の譲渡であれば、土地の投機とみなしてその利益に対して重課とし、5年超であれば、土地の流動化を促すと言う意味で軽課としているのです。

具体的には次のように計算します

1.所有期間5年以下の土地を売却した場合        
(1)課税短期譲渡所得金額の計算        
(2)税額の計算           
税額=課税短期譲渡所得金額×39% ( 所得税30%、住民税9%)
2.所有期間5年超の土地を売却した場合        
(1)課税長期譲渡所得金額の計算       
(2)税額の計算           
税額=課税長期譲渡所得金額×20% (所得税15%、住民税5%)